×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

人気のトヨタハリアーを最安値で購入する

貴方のエリアの「今」のベスト価格(最安値)を調べるなら、ネット見積りを活用すると調査効率が良い。
人気のトヨタハリアーを購入する際、ベストな価格を比較検討するためには、見積上の「総支払額」に視点をおくべきである。(トヨタハリアーに限らず)車購入時のベスト価格とは「総支払額」のことである。
「総支払額」は、各購入者の条件(貴方の購入エリア・地域や下取り車の有無等の各々の顧客条件)によって(個別)変動する。つまり実質の値引きは「総支払額」の比較により最適な価格を知ることができるわけである。実際にネット等でトヨタハリアーの見積もりを取り、「総支払額」を知ることが(長い目で見ても)大切である。その際、トヨタハリアーを扱う同じ系列の違うディーラーで見積り請求をして比較検討するのも有効な方法である。
※トヨタ ハリアーの新車販売チャネル→トヨペット店(○○トヨペット)
※貴方のエリアの今のトヨタ ハリアーのベスト価格を効率的に調べるなら、「ネット見積り」を活用することがおすすめ。

スポンサード リンク

2つのグレード:240Gと350G

<ハリアー240G>
実用性の高いパワーユニットを実現させたL4-24002AZ-FEエンジンを搭載するSUV車。中低速域を重視しながら、全域にわたり高トルクを保持。駆動:2WDと4WD。プレミアムパッケージやLパッケージもある。
<ハリアー350G>
2006年1月に従来の3リッターから、新型の3.5リッターV6の「2GR-FE」に。このエンジンはグリーン税制による減税措置が適用可。また、350Gの2WD車にVSC&TRCを標準装備したほか、対向車への眩惑を低減するオートレベリング機構も標準装備。

※見積り要件に「盗難対策」を検討すべき!?:高級感とSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル(ヴィークル))という性格を併せ持つハリアーは、海外での人気も大変高いため日本国内での盗難が多く国内盗難車ランキングでは毎回上位にいる。盗難対策・オプション等も事前検討・確認することが無難である。

ハリアーのAIRSとハイブリッドについて

<AIRS>
AIRS専用装備として、235/55R18スチールラジアルタイヤ&18×7Jアルミホイール、電子制御エアサスペンション、雨滴感知式ワイパー、挟み込み防止機能付のパワーバックドア、ステッチ入りドアトリム、インサイドドアハンドル照明+ランプツキスカッフプレート+前席足元照明による室内イルミネーションを装着。
<ハイブリッド>
トヨタのハイブリッドカー「プリウス」の機能をフルに応用させたSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル(ヴィークル))版。エンジンは、新開発のハイパワー「THSII」は、最高出力200kW(272PS)。排気量V6 3.3Lガソリンエンジンと、高性能モーターを併用。さらに出力50kWのリヤモーターで後輪を駆動する「E-Four」と組みあわせている。
【参考】パワーSUVの燃費:17.8km/L(コンパクトカーレベルの低燃費である)
※2008年1月10日にはハリアーハイブリッド特別仕様車として
“L PACKAGE・ALCANTARA(R) Prime Version”も発売されている。

Copyright © 2008 トヨタハリアーをベストな価格で購入!!